販売員という肩書き

おはようございます。

企業PRと文章で生活している砂流(すながれ)です。12月10日(木)深夜0時04分をお伝えします。

2020年を振り返ると、「元販売員」という肩書きのおかげで決まった仕事がいくつかあったり、元販売員が役立つ仕事があったりと販売員が活躍した1年でした。これについては、ちゃんとまとめようと思っているので今日は下書きの下書きみたいなものでしょうか。

僕が販売員をしていたのは、21歳~24歳くらいまで。今37歳なので、10年以上前の話です。なんですけど、これが干支も一周したあとに役に立ちまくりなわけですよ。

がっつり販売員(&店長代理)が役だったのが「リギルド」というIT雑貨屋さんのYouTubeチャンネルで、店長代理として商品を紹介させてもらっています。

ほかにも、マイクロソフトさんの販売員向けのオウンドメディアで4年くらい記事を書かかせてもらっているんですけど、販売員さん向けのコラムがはじまったり、レビュー記事も販売員視点をいれてみたり、マイナビ学生の窓口さんで大学生向けにPCを買うためのアドバイザーとしてイベントに登壇させてもらったり。

【終了】12/3(木)開催無料ウェビナー『就活用にPC買う? 買い替える? コロナ1年目の終わりかけに聞きたいPCの選び方』 | マナー・身だしなみ | 就活アイテム | 就活スタイル マイナビ 学生の窓口 (mynavi.jp)

いやほんと、フリーランスは何が役立つかわからないですね。というのと、新しいこと挑戦しまくってたら1周まわって元々やっていたことが活かせる出来事が起きるもんですね。

ちゃんと書こうとおもっているほうには、販売員視点が今なんで求められているのか、ということにも触れたいと思います。ここ1年やってきて、僕なりの考えはまとまりました。

ということで、今日はここまで。どこか時間があるときに経歴もまとめないとなぁ。

ほいじゃったら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

sunagareフリーのライターとか広報
元パソコンショップの販売員&PCメーカーの宣伝広報担当。今は企業の広報のお手伝いと、パソコンを含むガジェットのレビューをEngadgetやbouncyなど色々な媒体で書いています。気になったガジェット(とくにカメラ系)はノータイムでポチります。