アクションカメラのAKASOから年末のギフトをいただきました

おはようございます。

企業PRと文章で生活している砂流(すながれ)です。12月30日(水)23時49分をお伝えします。

突然ですが、AKASO(アカソ)というメーカーをご存じでしょうか? 僕は2020年の夏に知りました。AKASOはアクションカメラを販売しているメーカーで、最大の特徴は「圧倒的にコストパフォーマンスがいい」こと。ということで、Engadgetとbouncyでレビュー記事を書きました。

1.5万円のアクションカム「AKASO Brave 7 LE」案外イケました! – Engadget 日本版

価格と性能のバランスがおかしいレベルのコスパなアクションカメラ「AKASO Brave 7 LE」【動画コラム】 – bouncy / バウンシー (moov.ooo)

出会いは1通のメール。AKASOの方からいただいたレビュー依頼メールだったのですが、これが偶然のたまもので。AKASOのスポークスパーソンは、アメリカの有名なロッククライマー Tommy Caldwellが務めています。ほいで、Tommy Caldwellも出演しているロッククライマーのドキュメンタリー映画『フリーソロ』を僕が観た次の日に、AKASOから連絡があったんです。

それで「あ、あのすごいロッククライマーがスポークスパーソンをやっているなら使ってみたい」と思って返信したんです。

そんな出会いだったのですが、昨日ありがたいことに年末のギフトをいただきました!

スカーフと、AKASOくん?の人形、アクションカメラ V50 PRO のスペシャルエディション! スカーフは電源ボタンがついていて、モバイルバッテリーをスカーフのなかにいれて電源を入れると暖かくなるタイプです。

いや~、嬉しい!

ということで、年末に素敵な出来事があってテンションが上がりました。

さて、明日は2020年最後ということで1年の振り返りをやります。スパ施設で! 楽しみ。

ほいじゃったら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

sunagareフリーのライターとか広報
元パソコンショップの販売員&PCメーカーの宣伝広報担当。今は企業の広報のお手伝いと、パソコンを含むガジェットのレビューをEngadgetやbouncyなど色々な媒体で書いています。気になったガジェット(とくにカメラ系)はノータイムでポチります。