名作ゲームは何回リメイクしたり、ハードを変えたりしてもいい流れが好き

おはようございます。

企業PRと文章で生活している砂流(すながれ)です。10月8日(金)9時52分をお伝えします。

バイオハザードっていうゲームあるじゃないですか。最近PS5やPCでバイオハザード ヴィレッジ(バイオハザード8)がでた、あのバイオハザードです。

バイオハザードは1996年に初代PSで発売されているので、25年前のゲームになります。僕は中学生の頃だったんで、懐かしさがありますが生まれていない人も多いくらい昔のこと。

そんなバイオハザードですけど、めちゃくちゃ色んなバージョンが出ていたり、色んなゲーム機で出ていたり、リメイクされていたりするんですね。もともとは、PSだけど、セガサターンでもゲームキューブでもWiiでもPS3でもPS4でもXBOXでも、PCでもSwitchでも。これだけ書いて、まだ漏れがあるはず。

言ってしまえばめちゃくちゃこすってるんすけど、僕はこのこすり方が好きなんですよ。このこすり方は見習うべきだと思う。名作で稼ぎきるってのもありますが、これだけ出していて、その都度ある程度売れていると忘れられないって効果もあります。

PRやっている人間からするとこの忘れられない活動ってまじで大事で。見習わなきゃなぁと思います。

本当は、初代ドラクエでこの話をしようとしたけど、なんかこのタイミングだと無粋だなと思ったのでバイオハザードで。

ほいじゃったら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

sunagareフリーのライターとか広報
元パソコンショップの販売員&PCメーカーの宣伝広報担当。今は企業の広報のお手伝いと、パソコンを含むガジェットのレビューをEngadgetやbouncyなど色々な媒体で書いています。気になったガジェット(とくにカメラ系)はノータイムでポチります。