忙しくてもスキマ時間でマンガと本を読むのがけっこう習慣になってる

おはようございます。

企業PRと文章で生活している砂流(すながれ)です。9月30日(木)23時22分をお伝えします。

ッ強は新宿で用事があったので散歩がてら50分ほどかけて歩いて向かっていたんですが、9月が終わるんだなぁと思ってめちゃくちゃざっくり振り返っていたんですよ。

仕事に関しての振り返りはちゃんとブログにしようと思うのですが、わりと忙しかったけど本は読んでいたなぁと。

9月前半はなんかとつぜん伊藤計劃の小説じゃ無くてエッセイとか日記を読みたくなって、ちょいちょい読んでました。その後に、伊藤計劃の小説『虐殺機関』の最初と最後のほうを読み直して、佐渡島さんの新刊読んで(読み終わり)、今は『ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣』(読み途中)と『Listen』(読み途中)って本とかを気分で読んでます。

観察力の鍛え方 一流のクリエイターは世界をどう見ているのか (SB新書) Kindle版
佐渡島 庸平

https://amzn.to/3mex2g4

『ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣』

https://amzn.to/2YhPufA

ゲームとの配分が難しくて、9月はわりとゲーム優先にしちゃったけど、10月はもうちょっとスキマ時間で本読みたいなぁ。緊急事態宣言もあけて移動増えそうだしな。

社会人になってから、京極夏彦みたいな分厚い小説とか全然読めてないから久々にそういうの挑戦したいところ。

ほいじゃったら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

sunagareフリーのライターとか広報
元パソコンショップの販売員&PCメーカーの宣伝広報担当。今は企業の広報のお手伝いと、パソコンを含むガジェットのレビューをEngadgetやbouncyなど色々な媒体で書いています。気になったガジェット(とくにカメラ系)はノータイムでポチります。