フリーランス8年目のメモの取り方決めた。ひとりSlackとNotionの併用する

おはようございます。

企業PRと文章で生活している砂流(すながれ)です。1月10日(日)16時40分をお伝えします。

フリーランスになってどのタイミングからかは忘れましたけど、メモの取り方を毎年変えています。なんだかんだ毎年毎年、新しいサービスが出たり、話題になるサービスがあったりするので、それを使ってみるという目的と、僕が飽きっぽいから。

ひとりSlack

2020年は自分用のひとりSlackをつくって、基本的にメモとか情報はそこに集約していました。試行錯誤しながらだったんで、この形が最高だとは思っていないんですけど、運用した感じは良かったなと思います。少なくともEvernoteにまとめていたときよりも、自分的に分かりやすかったし、情報を探しやすかったし(検索しやすい)、スマホからでもメモ入れやすかったしなぁ。

ちなみに、ひとりSlackは下記記事を参考にしました。

欲しい情報を上手に管理する「じぶん専用Slack」9つの活用レシピ|カナエナカ|note

どうせ仕事で毎日Slack見る、みたいな人にはおすすめです。

Notionをメインに

ほいで、2021年はNotionをメインにしようと思います。正確に言うと、ひとりSlackとの併用。

Notionは2020年6月くらいからちょいちょい使っていました。なんですけど、新しいサービス使うとき特有の「便利なんだろうけど慣れるまでがめんどくせぇ」病が出て、なかなか習慣にならずだったんですよね。それを年末年始でけっこういじってフル稼働させた感じです。

色んな方のフォーマットとかテンプレートを参考にして


・Todo
・Webクリップ
・メモ
・パンチライン
・読書記録
・○○とは

をメインでまずは運用しようかと。WebクリッピングはChromeの拡張に入れるだけで、ボタンおすだけで文章のコピペにも対応した形で保管できるので、まじ利便性があがりそうです。

「パンチライン」っていうのは、僕はもともと文章とか人の言葉とかをメモ取るくせがあるんですね。そのメモの中でも強烈なものとかを保管しておく場所です。パンチラインという名前は、スタッフとして参加させてもらっている、RIP SLYMEのRYO-Zさんと小説家の柴崎竜人さんの映画について語るポッドキャスト「新しいフォルダー」から。

宿題映画を見て、一番強烈だったひとこと「パンチライン」を言い合うコーナーがあるんですけど、そこから取っています。

「○○とは」に関しては、2021年に集めてみようと思ったものです。ライターとか広報業務をしていると「○○とは」を書かなければいけないことが多いのですが、これが難しいんですよ。なんせ定義みたいなものを自分の言葉で書くわけですからね。

僕の中では「勇気のいること」なので、色々な文章などで「○○とは」ってなっているものを集めてみようと。例えば・・・・・・

良い文章とは
人を感心させる文章ではなくて、人の襟首をつかんで物理的に中に引きずり込めるような文章だと僕は思っています
村上春樹

こんなものとか。貯めていって、あとで見返すと面白いことになりそうな予感があるんですよねぇ。あと、「CPUとは」みたいなのは、とっさに必要になったときにサッと使えるし。

メモに関しては、ひとりSlackで集めたモノを週1くらいで精査して、良かったモノを入れていこうと思っています。一軍に上げるイメージです。

まとめ

2021年はとりあえずこんな感じで行こうと思います。

あと、今回触れていないですが、7年くらい「DAY ONE」というアプリを使っていています。このアプリは日記アプリなんですけど、昔はここにメモをとっていました。今はメモをとる用途では使用していません。じゃあどんな用途で使っているかというと、過去の自分との対話だったり、過去の自分を知ったりする用途です。

DAY ONEは、「過去の今日にとったメモ」を一覧で見れるんですけど、それが面白いんですよ。気づきにもなるし。毎日見るのが楽しみなので、引き続きDAY ONEも使っていきます。

ということで、今日はこの辺で。

ほいじゃったら☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

sunagareフリーのライターとか広報
元パソコンショップの販売員&PCメーカーの宣伝広報担当。今は企業の広報のお手伝いと、パソコンを含むガジェットのレビューをEngadgetやbouncyなど色々な媒体で書いています。気になったガジェット(とくにカメラ系)はノータイムでポチります。